神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 椎間板ヘルニア パート3(術後14日目) | main | ハチ毒 >>
CRP(炎症反応蛋白)測定装置
当院ではCRP(炎症反応蛋白)測定装置を導入いたしました。
CRPは、人間でもよく測られる項目で、炎症が起きた時に血漿中に増えるタンパク質のことです。
体の中に炎症や壊死があると24時間以内に上昇します。

↓CRPを測定する医療機器(Arrows Laser CRP-2 イヌC-反応性蛋白濃度測定装置)です。

正常値 1.0mg/dl未満
軽度炎症 1.0-5.0mg/dl
中程度炎症 5.0-10.0mg/dl
重度炎症 10.0mg/dl以上

「なんとなく元気が無い」、「いつもと違う」などの時でも
CRPの上昇=炎症がある!ことがわかり、病気の早期発見に役立ちます。
また、普段の健康診断時に測定することで診断精度を高めてくれることが期待できます。

今後も動物たちと飼主さんの少しでもお力になれるよう、医療設備の充実と心のこもった医療を提供していければと思っています。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 設備 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/238
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ