神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハチ毒 | main | IBD(炎症性腸疾患) >>
ホットスポット(化膿性外傷性皮膚炎)
梅雨の季節から夏にかけてホットスポット(化膿性外傷性皮膚炎)を起こして来院するワンちゃんが増えています。
この病気は一晩のうちに突然現れ、驚かれた飼主さんが連れてこられます。

一番多い原因はノミアレルギーで、

その他には 
過剰な湿度
換気不良
毛づくろいの不良
が原因となり、
多くは厚い被毛で覆われた犬でよく見られます。

治療は抗生物質を投薬し、皮膚を清浄化すれば次第に改善してきます。
最近、来院した子も現在ではほぼ改善してきています。

ノミが原因になるケースが多いのでノミ予防を忘れないようにしましょう!

 
↑一晩のうちにホットスポットが背中にでき来院したワンちゃん

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 皮膚疾患 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/239
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ