神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< メリークリスマス! | main | 橈尺骨骨折 >>
会陰ヘルニア
 少し前に両側性の「会陰ヘルニア」の手術があったので今回はこの事について。
会陰ヘルニアは徐々に進行していき、最後には便が出なくなったり、尿が出なくなったりして危険な状態になってしまうことがあるやっかいな病気です。

下の画像は手術前と手術後のものです。


↑【手術前】尿道に管を入れて造影剤を流しています。膀胱と前立腺がだいぶ後ろ側に変位しているのが分かります。


↑【手術後】前立腺と直腸をお腹に固定し、ヘルニア孔を塞いだところヘルニアは無くなりました。

↑会陰ヘルニアの手術後の様子(注意:術後の画像です)


以前にも書いたことがありますが、
会陰ヘルニアとは肛門周囲の筋肉が高齢になると薄くなってきてしまい孔が開き、腸や膀胱などの内臓が孔を通って肛門の横から飛び出てきてしまう病気です。会陰ヘルニアは去勢手術をしていない雄犬に高い確率で起こります(去勢手術をしている子や、女の子のワンちゃんはまずならないです)。

原因
会陰ヘルニアは去勢手術をしていない高齢の雄犬によくみられ、雄性ホルモンが影響している可能性が高いといわれています。おとなしい子でも起こりますし、特によく吠えるワンちゃんでよく見かけることが多いです。

症状
会陰ヘルニアになると排便時のいきみ(うんちが出にくい)、しぶり、排便困難、排尿困難などの症状がみられます。またお尻の横が腫れているのがわかります。

治療
手術でお尻周りの筋肉を修復して孔を塞ぎます。色々な手術の方法があり状況により適宜使い分けます。今回のワンちゃんは「内閉鎖筋フラップ法」という再発率が低い方法と、前立腺と直腸を腹壁に固定する方法を組み合わせて実施しています。


この病気になると便が出なくて苦しい思いをすることが多く、飼い主さんが定期的に浣腸や便をかき出したりしないといけません。高齢になってから定期的に便をかき出さないといけないのは動物も飼い主さんも大変ですので手術になるケースが多く見られます。

会陰ヘルニアでお困りの方はご相談ください。
予防の為にも高齢になる前の若いうちに去勢手術を済ませておくことをお勧めします。

垂水オアシス動物病院
院長・獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/294
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ