神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎの尿石症 | main | 口腔内腫瘍(悪性黒色腫) >>
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)
 年末に耳の孔の中に腫瘍ができているワンちゃんが来院されビデオオトスコープで処置することがありました。今回はこの事ついて。

外耳炎はワンちゃん、猫ちゃんが罹ることがとても多い病気で、慢性化すると治りにくくなったり、再発を繰り返したりすることがあります。

従来では耳の中に洗浄液を入れて洗ったり、点耳薬を入れて殺菌したりする方法で治療するしか無く、耳の奥深くにこびり付いている耳垢や毛などは取り除くことができませんでした。

当院で導入しているビデオオトスコープを使うと耳の奥深くの耳垢や堆積した毛を取り除くことができ
耳の奥の汚れをキレイにすることができます。

今回のワンちゃんは外耳炎+耳の孔の中に腫瘍が出来ており、この後半導体レーザーで腫瘍を蒸散ています。

ビデオオトスコープでの処置は再発する外耳炎や難治性の外耳炎の子は特にお勧めです。
しかし、長期に渡って慢性化し耳の孔が塞がってしまったりすると処置出来なくなることもあるので初期段階での治療が大切です。

ご希望の方は当院までお気軽にご相談ください。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/303
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ