神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 血管肉腫 | main | トリミングについて >>
猫のフィラリア症

 
フィラリアといえば犬の感染症で、猫ではあまりなじみがないかもしれませんが、最近猫にも感染するということでわんちゃんと同じように予防が勧められています。

フィラリアは、蚊が感染したわんちゃんから別のわんちゃんへ移す寄生虫で、感染すると身体の中で徐々に成長し、最終的には心臓や肺で成虫になりミクロフィラリアという子虫を血液の中生みます。

わんちゃんと同じように、蚊にフィラリアを移された猫ちゃんの身体でも幼虫は徐々に成長しながら血管にはいりこみます。
幼虫は血管のなかで死んでしまう事が多く、死滅した幼虫が肺などの呼吸器に炎症を起こし呼吸障害を起こすことが最近分かってきました。
発症すると食欲不振や嘔吐、咳、呼吸困難などの症状がみられます。

猫ちゃんの場合寄生されると重篤な症状や突然死してしまうことが確認されており、県内でも突然死した例が報告されているそうです。
また、現在のところ治療法も確立されておらず、診断もとても困難な病気です。


人も家の中でいつの間にか蚊に刺されているように、完全室内飼いの猫ちゃんでも決して無関係のものではありません!とても恐い病気ですので、ぜひ予防を心がけてもらいたいと思います(>_<)

予防としてはわんちゃんと同じような飲み薬もあるのですが、背中につけるお薬でノミや回虫、耳ダニも一緒に予防してくれる便利なものがありますので、夏のノミダニが活発な時期に合わせて予防していただくのが良いと思います(^_^)

動物看護師 いしはら(^_^)
| tarumioasis2 | 寄生虫 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページのトップへ