神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 巨大食道症 | main | コクシジウム症 >>
前肢の骨折(橈尺骨骨折)
先週、前足を骨折したワンちゃんが来院されました。

高いところから落下した訳でもなく、ただ家の中を走り回っていただけなのに、
キャインと鳴いてから足を使わなくなってしまったそうです。

トイプードルちゃんの前足の骨は割りばしと同じぐらいの細さですから、
やはり折れやすいのでしょう。

今回も固定が安定していて合併症が出にくいLCP(Locking Compression Plate)というロッキッングプレートを用いて手術を実施しました。

翌日には足を着いて歩けるようになることが多いですが、
骨が細く癒合不全が起きやすい部位ですので術後管理が大切です。

走りまわっていて折れたら、注意していてもどうすることも出来ないですが、
小型犬(トイプードル、チワワなど)の飼主さんは落下事故に気を付けてください。


 
↑前肢の骨が折れています。痛そうです


↑LCPプレートで固定しました。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 骨折 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ