神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< チンチラの臨床セミナー | main | 尿道結石 >>
寄生虫

こんにちは、渡邉です。
7月に入りました、今年ももう折り返しです。
早いものですね。


今回下痢が続いているワンちゃんがいました。
何度か便の検査をしたところ、寄生虫が見つかりました。


これは糞線虫という寄生虫です。
見ての通り、虫がうねうねと動いています。
この寄生虫は人獣共通感染症で、ワンちゃんだけでなく、人間に感染することもあるので注意が必要です。
駆虫薬を使えば駆除できるので、薬を投与しました。


数日後、虫が駆除されたことを確認するため再度便の検査をおこないました。
すると、
コクシジウム


別の寄生虫が見つかりました。
コクシジウムという寄生虫です。



今回のように、ある寄生虫を駆除すると、別のタイプの寄生虫が見つかるということが時々あります。

おそらく、別の寄生虫によって抑えられていたものが、その寄生虫がいなくなることによって、一気に増殖してのではないかと考えられます。


このように寄生虫を混合感染している場合もあります。
下痢が続く子は、繰り返しの検査が重要です。



垂水オアシス動物病院
獣医師 渡邉

| tarumioasis2 | 寄生虫 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/361
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ