神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 尿道結石 | main | 眼瞼腫瘍(マイボーム腺腫) >>
外耳炎(外耳の多発性腫瘤、パピローマによる)治療例
 
帰レーザーでの処置を行う前(耳の孔ができもので塞がっており化膿していました)


侠レーザーで出来ものを蒸散・摘出しました


窟レーザー処置直後。耳の孔が広がりました。



権レーザー処置から2週間後。ほぼ元通りの外耳道になってきました。

レーザーを使った治療は出来ものが原因の難治性の外耳炎に
かなり有効性が高そうです。



垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)


| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/363
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ