神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 眼底カメラ(クリアビュー) | main | 肥満細胞腫 >>
耳血腫
本日、来院されたワンちゃんの症状「耳血腫」について。
 
外耳炎になって耳を振ったり掻いたりしていると、
突然耳たぶが腫れあがってきてしまうことがあります。

これは耳の軟骨と皮膚との間に「血腫」ができてしまったものです。

↑耳たぶに「血」が溜まっています

今回のワンちゃんの場合、内科治療に反応が乏しかったため
血のたまっている部位を縫合して血が貯まらないようにしました。


↑術後(血が貯まらないように縫合しています)

外耳炎がひどくなり耳血腫になってしまう前の早めの治療が大切です。

たまに耳を気にしていないか様子をみてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻
獣医師    渡邉

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 皮膚疾患 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/387
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ