神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 猫の尿道閉塞 | main | アトピー性皮膚炎 >>
耳の腫瘤


Before(耳道に腫瘍が出来ており、耳の孔が塞がっていました)

(※腫瘍=画面中央の縦長のもの、と、画面中央からやや左下のもの)




After(耳道の腫瘍をビデオオトスコープで見ながら半導体レーザーで摘出しました)


↑摘出した腫瘍



耳の中にできものが出来ておりビデオオトスコープで観察しながら、
半導体レーザーで蒸散して摘出しました。

こういう耳の腫瘍にはビデオオトスコープと半導体レーザーの組み合わせが素晴らしく、個々の状態によっても違いますが摘出できることも多いです。

耳の中のできもの、治らない外耳炎でお困りの方は一度ご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/406
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ