神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 外陰部腫瘤 | main | 遺残乳歯 >>
うさぎの胃腸うっ滞・腸の異常
草食動物のうさぎは他の動物と比較して腸が長く、盲腸が大きいのが特徴的です。
腸内にいる細菌が牧草の消化を手助けしています。

うさぎの腸が正常に働くためには繊維質の豊富な牧草が必要で、
糖類や炭水化物(おやつなど)などを摂取したりすると、腸内環境が変わり
異常な細菌が増殖してきます。この細菌が毒素を出してガスを作り、
体に様々な悪影響を及ぼします。

先日、我が家のうさぎ「とらひめ」の様子が何かおかしいような気がする…、
ということに気づき一通り(血液検査、X線検査など)詳しく調べてみました。

すると、
X線検査では腸内にガスが大量に貯留しており明らかに異常です。
強制給餌、 皮下点滴、腸の運動改善薬、抗生剤、腹部のマッサージなどを開始しました。

↑ぐったり 1日目(食欲廃絶・便出ず)


↑ぐったり 2日目(食欲廃絶・便出ず)


↑やや改善 3日目(食欲改善、便も少量出る)


↑改善 4日目 (元気・食欲・排便あり)

日が経つにつれて、腸内のガスが減っていき状態も改善していきました。
かなり危ないところでしたが改善して良かったです

こういう危険な状態にならないようにするためには、
線維が豊富な牧草(チモシー)を十分に与えて、おやつ類(炭水化物、蛋白質)は控えた方がいいです。異物誤食を防ぎ、毛球症予防のため毎日ブラッシングをしてあげてください。

ちなみに「とらひめ」が調子を崩した原因は、
ペレットが大好き過ぎて、チモシーをあまり食べたがらなかったためかもしれません。
やはり牧草が一番ですね。

調子が悪い場合は様子を見ず早めの受診が望まれます。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)


| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/419
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ