神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 耳の腫瘍・外耳炎 | main | うさぎの胃腸うっ滞・腸の異常 >>
外陰部腫瘤

最近膣に腫瘍ができているワンちゃんが来院され、
切除する手術をしたので今回はこのことについて。

 
↑ワンちゃん(雌)の外陰部から腫瘍が出てきています

犬の膣の腫瘍は比較的まれで、腫瘍の70%以上が良性腫瘍だといわれています。
罹患した犬の平均年齢は11歳と中高齢になってから発生がみられ、
避妊手術を受けていない雌犬に発生することが多いです。

症状
膣から発生した腫瘍がでてくることがあります。
また、血様の分泌物、会陰の腫れが認めれれることもあります。

治療
外科的切除が第一選択です。同時に避妊手術を行うと再発の予防に有効です。
良性腫瘍の場合は通常治ります。(再発率15%)


お尻周りが腫れてくる病気はこの病気以外にもたくさんある為、
何かおかしい様子があれば受診させてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 腫瘍 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ