神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 猫のトリミング | main | 消費税 >>
鼠径ヘルニア

先日、鼠径ヘルニアのワンちゃんの手術をする機会があったので今回はこのお話について。

鼠径ヘルニアとは、
お腹の中の臓器(脂肪、腸など)が股の部位の孔(鼠径管)から脱出する病気です。
雌での発生がよく見られます。

原因
先天的なもの…生まれつき
後天的なもの…外傷、老齢化、肥満、妊娠中の腹圧の上昇など

診断
触診、X線検査、エコー検査などを実施して腫れている部位が何からできているのか調べます。
腫瘍などと間違えないようにしなければなりません。

治療方針
腸などの内容物がお腹の中に押し戻せない場合、腸閉塞の危険性もあり緊急での手術が必要になることがあります。


今回来院されたワンちゃんの場合、
4年以上前から内臓が脱出しており徐々に大きくなってきたため飼主さんも心配されていたそうです。
ヘルニアは手術を行い問題なく整復できたので良かったです。


あまり放置しすぎると腸閉塞を起こし危険な状態になってしまいますので
症状が思い当たる飼主さんは気を付けてあげてください。


↑手術前。左の股のあたりがポッコリ大きく腫れています

↑手術後 腫れがなくなりました


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 先天性疾患 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/428
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ページのトップへ