神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 短頭種気道症候群 | main | うさぎの子宮疾患 >>
尿路結石症
寒い時期になると増える病気に膀胱炎や膀胱結石があります。
冬になると、飲水量が減るため尿が濃くなり膀胱炎や膀胱結石が出来易くなると考えられます。
冬場は水をなるべく飲ませてあげた方がよく、尿石のできにくい専用の処方食や
水分含有量の多い缶詰などのフードが理想的です。

今回来院されたシュナウザーのワンちゃんは2年程前に膀胱結石で来院され、
シュウ酸カルシウムという溶けないタイプの尿石だったため手術をおこなった病歴がありました。

しばらく来院されなかったのですが、
今回、2年ぶりぐらいに「おしっこが出にくい」と来院されました。
詳しく調べてみると…、
再度、膀胱に結石があり尿道にも結石が詰まってしまっています。



そのまま尿が出ないと急変してしまう可能性があるため膀胱結石を再度摘出することになり、
術後はおしっこが普通に出るようになりました。

膀胱結石を摘出すれば「完治」では無く、
体質的なものもあり、かなり再発しやすい病気のため長期的なアフターケアが必要になります。
処方食も合う合わないがあるため、単に処方食を食べ続ければ良いというものではなく、
定期的なチェックが大切です。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/432
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ページのトップへ