神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< マラセチア性皮膚炎 | main | 超小型犬の前肢の骨折(橈尺骨骨折) >>
うさぎの腹腔内膿瘍


↑うさぎの腹腔内膿瘍(※手術の画像です)

ウサギに膿瘍ができることは極めて多いといわれています。
特に出来易いのは、顔(大半が歯科疾患が原因)です。
チモシーをあまり食べていないうさぎに多発します。
チモシーが不足すると歯が摩耗しないため、歯根膿瘍から顔面膿瘍へと波及していきます。

今回食欲不振で来院されたうさぎは歯には問題が無かったのですが、
腹部のエコー検査をすると、なんとお腹の中に大きな塊が見つかりました。
レアケース?です。

飼い主さまに状況をご説明し、
年齢的に卵巣・子宮疾患の可能性が高いため試験開腹を行いました。
すると…、
子宮疾患ではなくお腹の中の腸間膜リンパ節の位置に大きな膿瘍(中は膿がドロドロ詰まっています)ができていました。
切開し、洗浄して閉腹し現在では少しずつ食欲も出てきています。

顔周りの膿瘍は判りやすいため飼主さんも病院へ連れてきやすいのですが、
こういったお腹の中のケースでは判り難いです。

こんなこともあるのか、と思った症例でした。



垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



 

| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/445
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ