神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 超小型犬の前肢の骨折(橈尺骨骨折) | main | 「フィラリア予防 + 狂犬病予防ワクチン接種」 が始まっています >>
フィラリア症にご注意!
5月からフィラリア症の予防が始まります。

フィラリア予防の前にはフィラリアに感染していないか血液検査を実施します。
今年に入って検査をしていると、早速フィラリアに感染しているわんちゃんが見つかりました。

↑T(テスト)のところに赤線が出ている=フィラリアに感染していることが判明しました。

更に詳しく心臓をエコー検査で見てみると…、

↑エコー検査所見:赤い矢印の部位に「=」のようなものが見えます。心臓肺動脈内のフィラリア虫体の断面がこう見えています。

採血してフィラリア子虫が血液中に出ているか調べてみると…、



↑血液中を動いているのがフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)です。


20〜30年程前は犬の平均寿命は7〜8歳程度でした。当時はフィラリアなどの予防についての飼主さんの意識も低く、
短命で亡くなってしまう動物が多かったのです。
予防が進んだ現在では14、5歳のワンちゃん・猫ちゃんも珍しくはありません。

神戸市内、垂水区内でも蚊に刺されてフィラリア症に感染・発症するワンちゃん・猫ちゃんは残念ながら存在します。
5月〜12月まで予防は確実にしてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 寄生虫 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/447
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ページのトップへ