神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 猫疥癬 | main | 前十字靭帯断裂 >>
うさぎのトレポネーマ症
トレポネーマ症に感染したうさぎさんが来院しましたので今回はこの病気について。 

トレポネーマ症はスピロヘータ(細菌)の一種により起こる病気です。うさぎの間では接触感染や授乳感染、交尾感染などで伝染していきます。人間にはうつりません。

症状
感染しているうさぎでも症状が出ない場合が多いです。しかし、体力が弱った時やストレスがかかった時に発症する例が多く、顔(鼻、唇)、会陰部に皮膚炎が生じます。また新生児の流産などの原因になることもあります。

治療
通常うさぎに用いられる抗生物質では効果が無く、
適合する適切な抗生物質を内服で4週間程度投薬すると症状が改善します。

この病気は非常に伝染力が強いので、多頭飼育の場合は同時に治療することが必要です。

発症したうさぎを繁殖させないことが病気の予防になります


治療前 カサブタが鼻と口周りに出来ています


治療後 適切な抗生剤を投薬するとカサブタが無くなりました

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/459
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ