神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎのトレポネーマ症 | main | 前肢の骨折 >>
前十字靭帯断裂
以前、前十字靭帯断裂で手術することになったワンちゃんが、
今度は逆の足を着かないという主訴で来院されました。


前十字靭帯断裂を起こした犬の37% で反対側の肢も断裂が起こる(平均17 ヶ月後)というデータがあります。
今回のワンちゃんは前に治した肢と反対の肢の靭帯が切れてしまいました。

前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)で突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

大体は触診やX線検査で診断ができます。
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いので外科手術を受けた方が良いと思われます。

膝蓋骨脱臼や肥満が誘因になることが多いので、事前に脱臼を治療しておくことや食事管理ダイエットがとても重要です。

10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられ、一見正常に見えることが多いようですが、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、ご相談の結果関節外法という手術方法で行うことになりました。

突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性がありますので
早めに動物病院へ連れていってあげてください。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 整形外科 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/460
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ