神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 乳腺腫瘍 | main | 椎間板ヘルニア >>
猫の皮膚病

今回は猫ちゃんの皮膚病について。
日々診察をしていて猫では皮膚病は犬と比較して少ない印象がありますが珍しくはありません。

猫の皮膚病の中で一番多いのは当院ではノミアレルギー性皮膚炎です。
その他、皮膚炎を起こす原因として、
精神的な要因による皮膚病、蚊、疥癬(ダニ)、細菌感染、皮膚糸状菌、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー…などがあります。
たいていは、原因を推測してノミの駆除剤、抗生物質、抗炎症薬などを処方するとスッと改善してくれることが多いのですが、
精神的な皮膚病はなかなか治りが良くない場合もあります。

ノミが猫の皮膚病のかなりの原因になっているのは間違いありませんので夏場は予防をお忘れなく。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 皮膚疾患 | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/489
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ