神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 寒くなりましたね! | main | 歯根膿瘍 >>
うさぎの子宮疾患
もう1月も終わりです。
時間が経つのは早いものですね。

またまた「血尿が出ている」という雌のウサギが来院されました。
当院ではウサギの診察に力を入れて行っていることもあり、この疾患に罹患したウサギさんがよく来院されます。
今回のウサギさんの場合も例にもれず、「未避妊メス、中高齢、血尿」というキーワードが当てはまりました。

エコー検査などで泌尿器疾患との鑑別をした後、卵巣・子宮全摘出術を行います。


↑(※閲覧注意)手術の画像:摘出した子宮。異常に腫れている部位が病変部



血尿に気づかず放置すると子宮癌だった場合にはいつの間にか転移していく恐れがあるため、
避妊手術を済ませるか、時々尿の色を気を付けてみてあげて下さい。



垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)
| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/530
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ