神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎの子宮疾患 | main | 歯周病について >>
橈尺骨骨折(前肢の骨折)
今日は両前肢を骨折してしまったワンちゃんの抜釘処置を行いました。
以前、この子はなんと前肢を両方とも骨折してしまい痛い、両前肢にプレートを入れていたワンちゃんです。

幸い骨の癒合も無事に進んだためプレートを抜く手術をおこなうことができました。

↑BEFORE 抜釘前(プレート2枚で固定しています)



↑AFTER 両前肢が骨折していましたが骨は癒合しています。一部抜釘を行いました。

一度で全てのプレートを外すと再骨折のリスクがあるため、段階的にプレートを外していきます。

前肢の骨折は癒合不全も起きやすく難易度が高めの部位でしたが、
最近では高機能なプレートも出てきており手術もやり易くなってきています。
無事に元気に治ってくれてホッと一息です。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)
| tarumioasis2 | 骨折 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ