神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 歯周病について | main | 脛骨骨折(後肢の骨折) >>
ハムスターのできもの?
先日、「出来物ができた」とご心配された飼主さんがジャンガリアンハムスターちゃんを連れて来院されました。

さっそく診察させていただくと…、
おへその辺りに黒いカサブタのようなものが出来ています。

これは「臭腺」といわれる臭いの物質を分泌する部位です。ジャンガリアンハムスターでは腹部の中央にみられ、また、口周りにも臭腺が存在します。これは臭腺から臭いを分泌しマーキングを行い縄張りをつくっているといわれています。

ハムスターは腫瘍が出来易い生き物ですので年齢が1歳を超え中高齢になったら、
日頃からよく触ってあげてできものが出来ていないかみてあげましょう。



↑お腹中央に臭腺がみられます


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)
| tarumioasis2 | ハムスター | 19:29 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
この写真と同じものができた場合は病院には連れて行った方がよいのでしょうか
返信お願い致します>_<
| やまほし | 2015/06/27 6:14 PM |

こんにちは。
この画像のものは「臭腺」ですので腫瘍ではありません。
見分けがつかない場合もありますので一度受診をおすすめします。
| 垂水オアシス動物病院 | 2015/07/10 5:14 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/548
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ