神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 橈尺骨骨折(再手術) | main | ハムスターの外傷 >>
真菌症
保護されたノラ子猫ちゃんが春先からよく来院されます。
その中の症状で一番多いのが「ノミ寄生」です。ノラ猫ちゃんはほぼ100%ノミに感染しているような気がします。
その次に多いのは「猫カゼなどのウイルス感染症」です。(独断・私見です)

その他、割合は少ないのですが「皮膚糸状菌症」も見逃す訳にはいきません。
これは人獣共通感染症といって人にもうつることのある伝染病(水虫みたいなもの)なのです。

↓目じりにカサブタができています。


↑カサブタをとり顕微鏡で拡大して観察すると…、毛に真菌の胞子が見えています⇒真菌症と確定

ノラ猫ちゃんを拾われる場合は、まずは動物病院で健診を受けましょう。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 皮膚疾患 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページのトップへ