神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの頬袋脱 | main | 食道内異物(竹串誤食) >>
熱中症の季節です
先週末、熱中症のワンちゃんが来院されました。

診察室に入って診察台の上に乗るなり「ゼーゼーゼー」と虚脱状態でとても苦しそうに呼吸しています。
舌も真紫色でチアノーゼを起こしています。

熱中症っぽいなと疑ってさっそく体温計で体温を測定するとなんと「42℃!
明らかに高体温のため、点滴をしながら冷風ドライヤーやアイスノンなどで速やかに冷却をしていきました。
すると…、30分から1時間ほどで状態も落着き改善しなんとか無事に帰っていってくれました。
このワンちゃんの場合、幸いなことに血液検査などにまだ異常値が出ていなかったので良かったです。
放置すると肝臓や腎臓、脳などが高体温でやられてしまい後遺症が残ったり死亡してしまいます。

暑い日がこれからも続きますのでエアコンを上手に使って夏を乗り切っていきましょう。
様子がおかしければ早急に動物病院へ受診させてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



 
| tarumioasis2 | 共通の病気について | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/581
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ