神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの皮膚病(脱毛) | main | トリミングのお知らせ >>
ハムスターのできもの(腫瘍)
ハムスターは腫瘍がとても出来やすいです。
1歳齢を過ぎるともう中高齢に差し掛かり体の表面に腫瘍がポコポコできてきます。
今回来院された1歳半のハムちゃんは左腕の近くに腫瘍が出来ており、半導体レーザーを使って切除しました。
半導体レーザーを使うと1滴も出血させずに手術が可能になるため本当に便利な機械です。

様子を見すぎて大きくなりすぎると切除不能になってしまったり、腫瘍が破裂したりしますので
おかしいなと思われたたら動物病院へ受診させてあげて下さい。


↑麻酔から覚めてまだボーッとしています。下の物体が摘出された腫瘍です。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
 
| tarumioasis2 | ハムスター | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/593
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ