神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼) | main | レッグペルテス(大腿骨頭壊死症) >>
橈尺骨骨折(前肢の骨折)
以前、前肢が骨折したワンちゃんの手術をする機会がありました。

今回はその経過です。
以前、知り合いの先生の動物病院で髄内ピン+外固定で治療されていたワンちゃんが
術後も足を着かない、ということで当院を紹介していただき来院されました。
レントゲン検査をしてみると、感染が起こり癒合不全が認められました。

当院では特殊なプレートを二枚使って固定し、適合する抗生剤を使い、海綿骨移植などもおこなうと、
手術後に足をなかなか着かなかったのですが、徐々に足を使うようになってきて
無事に癒合してくれました。

小型犬の前足は骨折する頻度が高いのでお気を付けください。


↑術後すぐ(骨がまだ癒合していません)


↑癒合しつつあります 


↑ほぼ骨癒合が認められました


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 骨折 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ