神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 胃毛球症 | main | 誤食にはご注意ください! >>
胃内異物(内視鏡で摘出) 
今月は異物を食べたワンちゃん猫ちゃんがなぜかたくさん来院されています。

ちなみに我が家に住んでいる黒猫のポタ黒猫もクリスマスツリーの飾りを破壊して食べてしまいました。
異物で遊んでいるのをみて「あっ、ダメだよ!」
と取りあげようとした瞬間に「ゴクン」と飲み込んでしまったのでした。(←動物病院あるある)
気を付けないと本当に危ないです。

こういった場合の対症方法としては、以下の方法が考えられます。
^枴を吐かせる
内視鏡で摘出する
手術で摘出する
な悗暴个討るかもしれないので様子を見る
ちなみに黒猫のポタの場合は飾りが小さなものだったためい之于甦兒|罎任后

本日も異物を飲み込んでいるかもしれないというワンちゃんが来院されました。
2週間ほど前から何度か吐いていて、何かの破片が少し出てきたあともまだ様子がおかしいとのこと。
さっそくレントゲン検査をしてみると胃の中に何か異物らしきものがありそうです。
飼主さまとご相談の結果、内視鏡で摘出することになりました。


↑胃内視鏡下で胃内異物を摘出しました。(動画の日付は間違ってます)

無事に胃内にある異物はすべて取り除くことができました。
腸に詰まってしまうと開腹手術をせざるを得ないため、
何かを飲み込んでしまった場合は早めに動物病院へご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
 
| tarumioasis2 | 誤食事故 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/626
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ