神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 通常通り診察しております | main | 多飲多尿 >>
内視鏡検査(胃カメラ)
先日、動物病院の先生からのご紹介で柴犬のワンちゃんが来院されました。
1ヶ月以上前から吐いたり、下痢したりを繰り返しているそうで当院で内視鏡検査を行うことになったのでした。
検査当日、十二指腸と胃から組織を採取し病理検査に出していた結果は…、
リンパ腫」という腫瘍がみられるということでした。

治療しても数週間、嘔吐や下痢・血便が止まらない場合などは、
どこかおかしいと考えて内視鏡検査をおこなうと何か異常が見つかるケースが多いと思います。
嘔吐や下痢などが続く場合はお気軽にご相談下さい。





垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ