神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 異物誤食事故 | main | 漢方 >>
うさぎの歯科矯正

ウサギは歯のトラブルが多い生き物です。

歯が伸び続ける生き物ですので、牧草などの繊維質を食べなかったりすると歯が伸びすぎてしまい

舌や頬を傷つけてしまい痛みで食事がとれなくなってしまいます(臼歯の不正)。

酷くなると感染を起こして顎が溶けてきてしまうことさえあります。

 

先日来院されたウサギさんは切歯(前歯)のかみ合わせが悪く歯科用のドリル(ダイヤモンドバー)で

歯の咬合面の調整を行いました。うまくいけばかみ合わが正常位置近くに戻る可能性があります。

 

ウサギの切歯をマジマジ見る機会はあまり無いと思われますが、

ウサギ飼いの飼主さまは時々チェックしてみてあげて下さい。

 

↑歯の矯正処置中の様子

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/697
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ