神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< アトピー性皮膚炎によく効くお薬 | main | 里親さん募集中です! >>
ハムスターの巨大腫瘍

ここのところハムスターちゃんがたくさん来院されています。

ハムスターは寿命が2年程度であり、1歳過ぎになり高齢になると腫瘍がとても発生しやすい動物です。

飼主さまが腫瘍が出来ているのに気付かれて連れて来られて摘出手術を行うことが当院では良くあります。

 

「ハムスターの皮膚生検における腫瘍発生率(日獣会誌2003)」によると、

出来物ができたハムスター257頭のうち90%が腫瘍で残りの10%が非腫瘍(臭腺、膿瘍、ヘルニア、肉芽腫、乳頭腫など)だったという報告があります。これをみても腫瘍がとても多いことが分かりますが、腫瘍と非腫瘍をきちんと区別してから手術をすることが大切です。

 

先日東灘区から連れてきていただいたジャンガリアンハムスターちゃん(2歳雌)にはとても大きな腫瘍ができていました。

飼主さまからお話をお伺いしたところ、

数か月以上前からパチンコ玉程度の大きさの腫瘍がありお近くの動物病院を受診されたところ

手術はしない方がいいといわれたそうです。そして、様子をみていると最近になって急に大きくなってきたそうです。

 

当院へ来院された時点で本人(ハムちゃん)が痩せていることもあり、腫瘍の大きさは本人と同じぐらいのサイズになっていました

実際、身体の半分もある大きさの腫瘍を摘出する事はかなりのリスクを伴うため、手術はせずに様子見を選ばれるケースがほとんどだと思います。

しかし、飼主さまとのご相談の結果、

・このまま放置すると腫瘍が破裂(腫瘍部の皮膚が変色・壊死、内部に液体貯留あり)→そのうち死亡する可能性が高い

・麻酔に耐えられれば、摘出できる可能性がある

ことから手術の可能性に賭けてみることになりました。

 

身体は痩せており、腹部に出来た腫瘍が巨大なサイズになってきています。

両前肢が腫瘍にめり込んでいましたが、

半導体レーザー装置を用いて血管や組織を分離し問題なく摘出することができました。

このレーザーメスを使うとほぼ1滴も出血させることなく手術ができハムスターの手術には絶大な威力を発揮します。

 

 

摘出後、麻酔からも無事覚めてくれました。

 

 

腫瘍摘出後

 

手術後3日目の様子。元気や食欲もあり回し車をまわしています。

良かったね。獣医師としてもホッとする瞬間です。

 

ハムスターの手術や麻酔は特殊ですので、どの動物病院でも手術をしているわけではないと思いますが、

経験のある慣れた獣医師であれば麻酔を掛けたり腫瘍の摘出手術を行うことは十分可能です。

 

しかし、

安価な動物(500〜1000円程度)であり、進行が早く、身体が小さく、短命であり、

リスクがゼロではないため獣医師としても積極的に手術を勧めにくく、

飼主さま側にも価値観の相異が大きく、発見が遅れることもあり、ハムスター自身より手術代が高額になるため、

悩んで迷っている間に腫瘍が大きくなり手遅れになってしまうケースがけっこう多いのではないでしょうか。

様子をみていていつか手術をしようかな、と考えておられる方はどうするか早めに考えていただくのが良いと思います。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/700
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ