神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 夏季休診のお知らせ | main | 猫の消化管内異物 >>
うさぎの足底皮膚炎

先日、足底皮膚炎のうさぎさんが来院されたので今回はこの件について。

 

うさぎの肢には犬猫のような肉球が無く、その代わりに被毛がクッションの役割を果たしています。

元々、足裏の毛が薄い、体重が重い、床面の材質が硬かったりすると足底が圧迫を受けてダメージを受けてしまいます。

後足に起こりやすい傾向がありますが、前足にも病巣ができることもあります。

 

症状が進行すると腫れて、熱を帯び、化膿してきます。また厚いかさぶたで覆われ、足を上げたり、動きたがらない、食欲が無くなるなどの症状がでてきます。

床面が汚れていると症状が改善しないので、常に清潔にして足場を整える必要があります。

また、日頃より体重管理をして太らないようにしなければなりません。

 

悪化する前に環境を見直したり抗生物質を投与したりして改善させる必要がありますので、うさぎ飼いの皆さまは足の裏を時々チェックしてあげてください。

 

 

 

↑踵部分にカサブタができており、膿んでいます。痛そうです…

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | うさぎの病気 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/704
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ