神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼 | main | フクロモモンガのモンちゃんご紹介 >>
ノミの親玉

こんばんは花火

今晩は警告を。。害虫が増えています

ワンちゃんの体に黒いポツポツが付いていたため、ちょっと詳しく皮膚を調べているとササササッ…と動くモノが見つかりました。

ノミの駆除薬をつけると、その子の翌日のお部屋には瀕死の状態の成虫ノミが沢山落ちておりました。

 

大きさに差があったので、顕微鏡で覗いてみると、

大きな方の虫(といっても全長2mm程)のお腹の中には卵が沢山驚き

これはしばらく環境のお掃除が大変です。駆虫薬をつけるとノミは退治できますが、クリーンな環境を取り戻すには労力がかかります。みなさんもそのような事にならないように、憎き害虫からペットを守ってあげて下さいね。

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬

 

| tarumioasis2 | 寄生虫 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/707
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ページのトップへ