神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 痛みの少ない避妊手術(腹腔鏡手術) | main | 猫の便秘 >>
忠犬と言えば

こんばんは。台風の影響で午後診は少しのんびりしています雨雨雨明日の朝にかけて雨が強くなるようですが、冠水被害などが出ないよう願うばかりです。

 

先週末に講習会で東京を訪れた際に一つの銅像に目が留まりました。

銀杏の木などの緑に囲まれた東大の弥生キャンパスの門をくぐった直ぐ左側に、何とも温かい雰囲気がでている人と犬の銅像でしたいちょう癒し

 

この人物は上野英三郎という農学部の教授で、犬は先生の飼い犬のハチ公でした犬きらきらそう、あの数年前に映画にもなった世界的に有名な『忠犬ハチ公』です。

渋谷駅の待ち合わせ場所のシンボルとなっている『ハチ公』は飼い主が急死してしまった後も尚帰りを待ち続けている何とも切なげな表情をしているのですが(片耳も垂れていますしね…)、こちらはハチと飼い主のその昔ということで、幸せそうです。

 

実際に上野先生とハチが一緒に生活できたのは1年余りで、上野先生の死去後約10年の間(ハチは一度貰われていったこともあったようですが再び渋谷で生活するようになって亡くなるまでの間)、渋谷駅まで飼い主を迎えに通っていたというのは本当に驚くことです。

詳しくはコチラをどうぞ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E7%8A%AC%E3%83%8F%E3%83%81%E5%85%AC

ホント、動物は若い頃の恩をよく覚えていますね楽しい

 

人も動物も良い想い出を大切にしながら生きていけたらイイなあと、これを見て思いました。

この銅像はハチの命日から80年たった昨年3月に建てられたもののようです。ハチの銅像は渋谷駅と生誕地の秋田県大館市にもありますので見比べてみても面白いかもしれませんね飛行機

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬奈美

| tarumioasis2 | コラム | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/712
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ