神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼) | main | ジャンガリアンハムスターの後肢骨折 >>
外耳炎(ビデオオトスコープ・耳内視鏡)

先日、耳を気にするウエスティのワンちゃんを診察させて頂きました。

長期間にわたって耳を痒がっているそうで、セカンドオピニオンを求めて当院へ来院されたためです。

 

耳の中を見てみると耳の孔の出口のところに腫瘤(できもの)ができているため、

これでは耳の通気性が悪くなり外耳炎も治りにくくなっていることが容易に想像できます。

 

まず、このできものを半導体レーザー装置で切除・摘出し、その後にビデオオトスコープで耳の奥深くに詰まった耳垢を摘出することにしました。

 

↑耳の出口ができもので塞がっています

 

↑できものを摘出後、耳の奥深くをビデオオトスコープ(耳内視鏡)で観察すると大量の耳垢が詰まっており、

鼓膜が全く見えません

 

↑カメラで見ながら耳垢を摘出していきます。おおきな耳垢が鼓膜付近から幾つも取れました。

 

 

 

↑耳垢が無くなり、鼓膜が見えるようになりました

 

耳の孔の奥深くの耳垢は従来の外耳洗浄方法ではキレイに取り除くことはほぼ不可能です。

そのため、いくら通常のやり方で洗浄しても、いくら点耳薬を入れてもなかなか完全には改善しないのです。

外耳炎が治らない場合、ビデオオトスコープを用いて一度鼓膜付近の耳垢を摘出するとよいと思います。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/722
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ