神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 椎間板ヘルニア | main | Veterinary Ear Disease Practice(耳研)大阪大会に参加してきました >>
外耳道腫瘍摘出【ビデオオトスコープ+半導体レーザー】

はやいもので今年ももう12月ですね。

歳をとるのが早く感じる今日この頃です。

 

先日、耳の中にできもの(腫瘍)ができて、外耳炎が引き起こされジュクジュクしているワンちゃんが来院され治療を実施しました。

こういった場合、

従来の方法ではなかなか摘出が難しかったのですが、

ビデオオトスコープ(耳内視鏡)と半導体レーザーを使えば耳の奥深くから発生している腫瘍でも摘出が可能な場合があります。

治りにくい外耳炎がある場合は、耳の奥を観察してみる必要がありそうです。

 

↑耳の孔の中に発生した腫瘍

 

↑レーザーで腫瘍を摘出しました

 

↑摘出された耳道内腫瘍

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/750
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ