神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 世界最小のハムスターちゃん | main | 腹腔鏡を用いた避妊手術 >>
乳腺腫瘍

大きな乳腺腫瘍が出来てしまっているワンちゃんが来院されました。

 

いつの間にか大きくなってしまったみたいで、歩くとお腹が地面に擦ってしまいそうです。

このまま放置すると、腫瘍が破裂(自壊)してしまう可能性が發い燭

飼主さんとよくご相談のうえ腫瘍を摘出することになりました。

 

 

 

腫瘍が大きくなると転移してしまったり、局所再発の可能性が高まりますので、

様子を見すぎないほうが良いと思います。

 

雌犬を飼われている飼主さんは、

乳腺部を時々触ってみて確認してみてください。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/802
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ページのトップへ