神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 腹腔鏡を用いた避妊手術 | main | カメのセミナー >>
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)を使った外耳洗浄

ここのところビデオオトスコープを使った処置をよく行っているので今回はこの件についてです。

 

従来の外耳炎の治療方法は、

洗浄液を耳の中に溢れるぐらい入れて、もみ洗いをして、点耳薬を入れる、という方法が主流でした。

 

この方法では、手前の耳垢はある程度キレイに取り除けるのですが、

鼓膜付近奥深くの耳垢はどうやっても取ることができません。

 

こういった場合、

再発を抑えるために定期的に外耳洗浄を繰り返すしかありませんでした。

 

そういった外耳炎に有効なのがこのビデオオトスコープで、

直接モニターで観察しながら鼓膜付近の耳垢まで取り除くことができます。

 

この鼓膜の汚れの他、生まれつきの体質(アトピー、食物アレルギーなど)や耳の形(耳毛が多い、垂れ耳など)なども外耳炎発症に関与しており、素因などをを併せて改善しないといずれ再発する可能性があります。

 

 

↑通常通りに外耳洗浄後(耳の深い部分に耳垢が沢山残っています)

 

 

 

 

 

 

 

↑ビデオオトスコープを使って洗浄後(ほとんど耳垢が無くなりました)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ