神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 歯根膿瘍 | main | ヒモ状異物(誤食事故) >>
セキセイインコの便検査で分かる事

夏休みもう終わりですね。子どもたちも宿題に追われている頃でしょう。

 

休み期間中にセキセイインコちゃんをペットホテルでお預かりした際に健康診断を兼ねて便検査を行いました。

 

顕微鏡で便を見てみると…、

 

↑セキセイインコの便を顕微鏡を覗いて検査しているときの画像です。

画像の真ん中あたりに何か見えます。

細長い棒状のものは何…?でしょうか?

 

これはマクロラブダスと呼ばれる真菌です。

 

 

マクロラブダス(Macrorhabdus ornithogaster)による感染症でセキセイインコなどに多発します。
以前は細菌だと思われていたためメガバクテリアと呼ばれていましたが最近では真菌だということがわかっています。

鳥の種類により感受性が異なり、
重症になりがちなのは「セキセイインコ、カナリア、キンカチョウ、ルイハインコ」などの種類で、
逆に「文鳥、ボタンインコ、大型オウム」などでは症状が出にくいです。

 

そのうちとくに重篤な症状を示すのは主にセキセイインコです。

まったく症状が出ない子もいますが、急に亡くなったり、徐々に進行して食欲不振が出てきて弱ってきてから検査の結果、

診断される場合などもあります。
病状が進むと下痢、嘔吐、食欲不振、羽を膨らませてじっとしているなどの症状のほか、

菌が胃に感染し胃潰瘍を生じて下血を引き起こします。

マクロラブダスは小鳥の胃内で増殖し糞便中に排泄され、
未感染の小鳥がその糞便を口にしてしまうと簡単に感染します。

海外では27〜64%くらいの感染率とされていますが、
国内ではもっと感染率が高いかもしれない(40〜50%以上のセキセイインコが感染?)といわれています。

 

発見され次第、抗真菌薬の注射と内服薬を投与します。

投薬は、1週間おきの検査で菌が完全に消失するまで続けなければなりませんが、

注射を1週間おきに3回、内服30日間の治療でほとんど除菌できるようになっています。

 

今回ペットホテルでお預かりした鳥さんも、注射と内服薬で便にマクロラブダスが検出されなくなりました。


一見健康そうでも感染していることがありますので、

セキセイインコの飼い主さまには受診や便検査をおすすめします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページのトップへ