神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎの膿瘍 | main | 尿路閉塞(会陰尿道路設置術) >>
門脈シャント

7月頃、元気と食欲が無く、下痢をしていて、フラフラするという高齢パピヨンのワンちゃんが来院されました。

夏の暑い最中ですし、体調を崩しているのでしょうか。

 

飼主さんとご相談の上、

念のために健康診断を兼ねて一般的な検査(血液検査、エコー検査、便検査など)をしてみましたが

特に異常は見つかりませんでした。

点滴をしたり下痢止めの内服薬などで数日の間、様子をみて頂いたところ下痢は治りました。

しかし、元気食欲が無く「ふらつき」は相変わらず続いているのとのこと。

 

なにかおかしい…、ということでさらなる精査をすることになり、

やや特殊な項目の総胆汁酸(TBA)アンモニア(NH3)いう項目を測定したところ、

両方の値が異常に高いという結果が出ました。

 

このような場合考えられる代表的な疾患は、

門脈シャント(門脈体循環シャント)」です

(※他にも考えられる疾患はあります)。

 

この病気の子は、生まれつき門脈という消化管からの血液が肝臓に流れ難くなっているため肝臓が発達しておらず、

アンモニアなどの毒性成分が肝臓で処理できず体内から除去されないため、ふらつきがでたり、発作が起きたりしてしまうのです。

 

この病気が疑われた場合は、確定診断には造影CT検査が必要になるため今回もCTを撮影をして頂きました。

↑CT検査で「門脈シャント(門脈-奇静脈シャント)」と診断

 

この門脈シャントは、根本的には外科手術でシャント血管を閉じてあげれば改善させることが可能な病気でして、

 

根治させるための治療法には、

・糸で結紮(部分結紮)

・アメロイドコンストリクター使用

・セロファン使用

などが報告されています。

 

ヨークシャテリア等の小型犬のワンちゃんに時々見られる病気であるため、

生まれつきの異常の有無を確認するために、

避妊・去勢手術を行う時などにはTBA(総胆汁酸)を一度測定して診断しておいた方が良いかもしれません。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/826
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ