神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 尿路閉塞(会陰尿道路設置術) | main | 膝蓋骨脱臼(グレード3、4) >>
TPLOって何?犬の前十字靭帯断裂とは?治療法(TPLOなど)を解説!

 

はじめに

犬が「急に後ろ足を挙げてしまった」

「急に後ろ足を痛そうにしている」

「急に時々後ろ脚をケンケンしている」ことはないでしょうか?

 

このような場合、犬では前十字靭帯の断裂や損傷が疑われます。

今回は、整形外科を専門的に診察している獣医師が「前十字靭帯断裂」について解説していきます。

 

前十字靭帯断裂の原因

前十字靱帯断裂」という病気は

大型犬(ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなど)や

中型犬(柴犬、コーギー、キャバリアなど)、

小型犬(ヨークシャテリア(ヨーキー)、パピヨン、チワワ、トイプードル、ポメラニアンなど)に

よく見られる運動器疾患です。

 

前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)もしくは大きな負荷が無くても突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

 

人間では、外傷(交通事故やスポーツなど)で前十字靭帯が切れてしまうことが多いのですが、

犬では加齢に伴い靭帯が変性して脆くなり、中高齢になったある日、突然靭帯が切れて症状が現れます。

ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

 

前十字靭帯断裂の診断

完全に断裂してしまった場合は触診やX線検査で診断ができます。

↑触診で膝関節に引き出し徴候(ドロワーサイン)がみられます=前十字靭帯が断裂

 

前もって問診で、

症状の現れた時期、きっかけ、進行の程度、歩行異常の有無、関節の疼痛の有無、運動機能障害の程度、

ステロイド薬の投薬の有無、リウマチのような免疫介在性関節炎の有無、ホルモンが異常になる疾患の有無などを確認していきます。

その他にも、視診歩行検査、筋・骨格の触診整形外科的検査(前述のドロワーサイン有無、脛骨圧迫試験など)、神経学的検査を行い、

血液検査レントゲン検査や、必要があれば関節液の検査などを行って診断します。

 

前十字靭帯が完全に断裂している場合は、触診でほとんどの場合診断可能ですが、

部分的に前十字靭帯が断裂している場合(前十字靭帯の部分断裂)は、診断が難しいことがあり、

関節切開術や関節鏡検査で確定診断が行われることもあります。

 

前十字靭帯断裂の治療法


体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いので、痛み止めを投与する等の内科的な治療で経過が思わしくない場合は、外科手術を受けた方が良いと考えられます。

体重10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられこともあり、一見正常に見えることが多いようです。しかし、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、早期に治療した方が良いと思います

 

前十字靭帯断裂の治療法にはいくつもの治療法が報告されています。

  1. 関節内修復法(大腿筋膜、膝蓋靭帯などの自家組織移植片を用いたり、合成材料による靭帯の置換など)
  2. 関節外修復法
  3. TPLO(脛骨高平部水平化骨切術)、TTA(脛骨粗面前進化術)、CBLOなど

 数ある手術法の中で、どの方法が成績が良いのか比較検討されていますが、

現在のところTPLOが最も術後成績に優れているとされています。

 


突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性があります。
普段から体重を増やしすぎないようにしましょう。

 

↑前十字靭帯が断裂して脛骨が前方へ変位しています

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 10:20 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ