神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 門脈シャント | main | 前十字靭帯断裂 >>
尿路閉塞(会陰尿道路設置術)

 今から寒くなる時期、猫ちゃんでオシッコ関係の患者さんがとても多いです。

よくあるケースは猫ちゃんが頻尿になってトイレにこもってしまっているのを飼い主さんが気づかれて連れてこられます。(膀胱炎、尿石症、特発性膀胱炎などが原因)

最近、会陰部尿道路形成手術をしました(尿道を広げる手術方法)。
この猫ちゃんは何回も尿道が詰まってしまいそしてその都度命にかかわるため飼主さんとご相談の結果、

手術をすることになったのでした。
多種多様な手術の方法が報告されており、その中でも術後成績(術後に再狭窄しない方法)が良い方法で行っています。

オシッコが出ないととても危険なので、トイレにこもっている猫ちゃんには気を付けてあげて下さい。

 

 

↑手術前

 

↑術後の様子

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/832
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ページのトップへ