神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼(グレード3、4) | main | 子猫ちゃんの異物誤食事故 >>
マダニの感染症(重症熱性血小板減少症候群(SFTS))

​マダニから人にうつるウイルスによる病気(SFTS)が西日本中心に発生しています。

先月になって、少し気になるニュースが報道されていました。

 

「厚生労働省は10日、飼い犬と接触した徳島県の40代男性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたと発表した。男性と犬はともに回復している。犬からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。

 厚労省や国立感染症研究所によると、今年6月上旬に男性の飼い犬が体調を崩し、下痢などが続いたため動物病院を受診した。同月中旬には男性が発熱や下痢などをするようになり、医療機関を受診。同月末になって犬がSFTSと診断された。男性は1週間ほどで回復した。

 男性は飼い犬にかまれていないが、体調を崩した犬の看病でウイルスに汚染された唾液などに触れ、感染した可能性があるという。

 SFTSの初期症状はだるさや発熱などで、5日〜6日後ごろから意識障害や出血が起きることもある。重症化しやすく、致死率は約20%とされており、特効薬はない。

 これまで西日本を中心に303人の患者が報告され、死亡例は全て50代以上という。今年7月には西日本に住む50代女性が野良猫にかまれてSFTSを発症し、10日後に死亡したことが判明。猫からヒトへの感染事例はこれが初めてだった。」

【日本経済新聞2017.10.10付より】

 

という記事が載っていました。

今回感染した方は回復されたそうで本当に良かったのですが、

このウイルスに感染してしまい亡くなられる方が増えているそうです。

 

「ノミとかダニなんて見たことないし予防したことが無い。」とおっしゃる飼主さんもおられますが、

御存知ないだけで本当に身近なところにどこにでも潜んでいます。

動物達のためなのはもちろん、飼主さんや下痢をしているワンちゃんを日々診察している動物病院スタッフの為にも

予防をお願いします。

 

原因:

SFTSウイルスに感染することです。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染すると言われています。また、人から人への感染は認められています。最近まで動物から人への感染については報告されておりませんでしたが、犬から人への感染事例が報告されました。https://www.bayer-pet.jp/vet/support_info/madani-poster-sfts2014.pdf(潜伏期:6日〜2週間)

 

主な症状
発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。

 

  • マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を予防するためには,マダニに咬まれないようにすることが重要です。
    マダニの活動が盛んな,春から秋に多くの発生が見られることから,農作業やレジャーなどで,森林や草むら,藪などに入る場合には十分注意しましょう。 
  • 森林や草むら,藪など,マダニが多く生息する場所に入る場合には,肌の露出を少なくする。
  • 長袖・長ズボンを着用する。
  • シャツの裾はズボンの中に,ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。
  • 足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を履く 。

動物病院で適切な駆除薬を処方してもらい定期投与を行いましょう。あらかじめ駆除薬を投与しておけば、マダニが付着しても48時間以内に概ね死んでしまいます。(出典:https://n-d-f.com/nomi_madani/sfts/)

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/836
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ