神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< マダニの感染症(重症熱性血小板減少症候群(SFTS)) | main | 橈尺骨骨折(前足の骨折) >>
子猫ちゃんの異物誤食事故

ネズミのオモチャについている紐?を飲み込んでしまったということで、

子猫ちゃんが来院されました。

 

まだ小さい遊び盛りの子猫ちゃんです。

 

考えられる選択肢として、

1、内視鏡(胃カメラ)で異物を摘出する

2、吐かせる

3、無治療で様子をみる

 

などが挙げられます。

様子をみて便に出てくれば良いのですが、腸に詰まると最悪の場合、開腹手術が必要になることから、

今回のケースでは飼主さんとご相談の結果、内視鏡で摘出することになりました。

 

 

↑胃の中に何かあります。鉗子で摘出します。

 

 

↑まだ寝ています。

 

↑摘出された異物(ねずみのオモチャの一部)

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/837
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ