神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< フィラリア検査時に血液検査もできます | main | アルジャジーノが旅立ちました >>
フィラリア症

そろそろフィラリア予防を始める前の血液検査を受けに来院される方が増えてきました。
4月からの予防シーズンで混み合う前に早めの検査をお勧めしています。

フィラリア症とは蚊が犬や猫にうつす寄生虫の病気です。
蚊がフィラリアの子虫を持っていて、その蚊が新たに感染していないワンちゃん、ねこちゃんを刺し血を吸うついでに子虫を植え付けてしまいます。
そして植え付けられた子虫は体内で成長し、本来の住処である心臓の中に移動していきます。
フィラリアが心臓に寄生してしまうと血液の流れが悪くなり、「腹水が溜まったり、咳が出たり、元気・食欲が無くなったり、尿が赤くなったり…」いろいろな症状を出していきます。
フィラリアに感染してしまうと完治させ元の健康な体に戻すことができません。
必ず予防をしてあげて下さい。


上画像:検査で見つかった血液中のフィラリア子虫(ミクロフィラリア)

| tarumioasis2 | 寄生虫 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページのトップへ