神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 腹腔鏡を使った避妊手術 | main | エキゾチックアニマルの研修 >>
ハムスターの腫瘤

ここのところ遠方からハムスターちゃんがよく来院されています。

その中でもよく見かけるのが「腫瘍」ができたハムスターちゃんたちです。

 

ハムスターは小さいだけに細かい作業が要求されますが、

小さくても意外と問題なく麻酔も掛けれますし手術も可能です。

 

今回の子は大阪寄りの地域にお住まいのハムちゃんでした。

↑ガス麻酔を吸って寝てもらいます

 

 

↑下顎部周辺に腫瘤があります(青矢印)。いつも通り半導体レーザーメスを使って出血させずに腫瘤を摘出しました。

 

↑できものから膿が出てきました。今回は腫瘍ではなく膿瘍でしたので袋ごと摘出しました。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/841
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ