神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) | main |
気管ステント(気管虚脱グレード4)

気管虚脱のワンちゃんが来院されました。

この「気管虚脱」という病気は日々診察しているとよくみかける病気です。

 

原因は不明で、小型犬(ポメラニアン、ヨークシャテリア、トイプードルなど)の中高齢犬に多く見られ、

遺伝的な体質が関係しているのではないか、言われています。

中高齢のワンちゃんで咳がみられる子はこの気管虚脱に罹患しているかもしれません(中高齢の小型犬は心臓病も多いです)。

 

症状は、

激しく吠えたり、運動や興奮した後に「ガーガー」というのど鳴りが聞こえるようになります。

さらに進行してひどくなると、

呼吸困難になり舌の色がチアノーゼを起こし青紫色になり失神して倒れてしまったりするようになります。

 

今回来院されたポメラニアンのワンちゃんの場合、

まるで「大型犬!?」のような呼吸をしており、息をするのもままならない状態で来院されました。

↑息が苦しそうでかわいそうです汗

(※飼主さんのご了承のもとご紹介しています)

 

↑レントゲン検査をしてみると…、

気管(空気の通り道)が潰れてしまい閉塞しています。これでは息を吸って吐くことが出来ず苦しいはずです。

 

 

とりあえずの治療として、

酸素を吸わせるためICUに入ってもらい、抗炎症薬の投与、抗生剤の投与などを行うと何とか状態が落ち着きました。

 

しかし、このままの状態では一時的に改善したとしてもすぐに症状が再発するのは目に見えています。

 

飼主さんとどうするかよくご相談させて頂いた結果、

気管ステントを設置することで気管を拡張させることになりました。

 

まず、ステントのサイズを測定します。

↑気管の大きさ(直径、長さ)を麻酔下で測定し、ちょうどいいサイズのステントを選択します。

 

↑閉塞していた気管に気管ステント(INFINITI MEDICAL社製)を入れます。ステントが広がり気管が拡張されています。

 

↑ステント設置前に比べて、だいぶ呼吸が楽そうになりました。

 

ステント治療を行うことで、

この子のような苦しさを緩和できなかった症例にでも、症状を楽にさせてあげることができるようになりました。

世の中には便利な道具があるものですね。

 

ただし、気管虚脱は慢性進行性の病気であり、

ステントを入れたとしても完治した訳ではないため(緩和的治療)、内科療法の継続が必要です。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 気管ステント | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/845
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ