神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎの不正咬合 | main | 橈尺骨骨折(前足の骨折) >>
モルモットの腫瘍

年始からモルモットさんが来院されました。

当院には何頭か通院されているモルモットさんがいます。

モルモットを飼われている方は多くないと思われますがとてもかわいい生物です。

 

こちらのモルモットさんは乳腺部にしこりができているのに飼主さんが気づかれ来院されました。

そして針生検の結果、

腫瘍の可能性が否定できないため、飼主さんとご相談のうえ摘出し組織検査を行うことになりました。

 

↑ガス麻酔を吸ってもらい、寝て貰います。ZZZ...。カピバラに似てます。

 

↑乳腺部にシコリがあります

 

このあと無事に目覚めてお家に帰って行ってくれました。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | モルモット | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/857
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ページのトップへ