神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) | main | 異物誤食事故(お餅) >>
異物誤食事故(紐状異物)

先日、3日前からお腹を痛そうにしていてぐったりしているという猫ちゃんが来院されました。

普段と明らかに様子がオカシイ場合は、重大な異常が発生しているケースがとても多いです。

 

X線検査、エコー検査、血液検査などを行い詳しく調べてみると…、

腸がくねくねとアコーディオン状に綴れているような所見が認められたことから「紐状異物」を飲み込んだ可能性が發い隼廚錣譴泙靴拭

飼主さんにお話を聞いてみても「ヒモで遊んだり飲み込んだりはしていないと思う」とのことでしたが、

紐状異物だった場合にこのまま放置すると危険なため、試験開腹術をおこなうことになりました。

 

↑※閲覧注意:手術画像です。苦手な方はご注意ください。糸が腸の中に入っているため、腸がアコーディオン状に綴れています。

 

↑※閲覧注意:すでに腸に5か所ほど孔が開いており、腸内容物が漏出していました。

 

↑摘出した糸の一部。なんと口腔内(舌に引っかかっていた)〜直腸までつながっていました。

 

膵臓のすぐ近くの十二指腸にも4か所程穴が開き、孔のあいた部位を腸ごと切除することは不可能だったため、

孔のあいた腸の一部をトリミングして縫合し、大網脂肪を縫い付けて腸の孔を塞ぎました。

あとは、無事に復活してくれるのを願うばかりです。

 

猫はヒモや糸が大好きなため、こういう事故が発生しやすいのです。

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/871
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ページのトップへ