神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< SUBシステム(Subcutaneous Ureteral Bypass System:皮下尿管バイパスシステム) | main | ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) >>
犬の腹腔内陰睾(潜在精巣)腹腔鏡補助手術

当院では腹腔鏡下手術を導入しています。

 

いまのところ従来からの開腹手術と腹腔鏡手術を選択して頂いているのですが、

最近ではワンちゃんの避妊手術はほとんどの方が腹腔鏡を選択されます。

 

今日は腹腔鏡を使って腹腔内陰睾(潜在精巣)のワンちゃんの手術を行いました。

この機器を使うと手術の切開創が小さくなり、術後の痛みや身体への負担が小さくなることが期待できます。

 

腹腔内の難しい場所や細かい作業が必要な手術は腹腔鏡で実施するのはなかなか難しいのですが、

避妊手術(犬・猫)」、「潜在精巣の摘出」、「胃腹壁固定術(胃捻転の予防手術)」、「膀胱結石摘出術」、「肝生検」、「胆嚢摘出術」、「脾臓摘出術」、「副腎摘出術」、「門脈体循環シャント」などは腹腔鏡で施術可能です。

 

↑※閲覧注意:手術画像:モニターで観察しながら精巣を腹腔鏡の鉗子で摘出しています

 

↑腹腔鏡カメラの孔と鉗子の孔の傷跡が小さく(5mm〜10mm程度)負担が少ないです

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 腹腔鏡 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/872
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ページのトップへ