神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 異物誤食事故(紐状異物) | main | TPLOセミナー参加報告 >>
異物誤食事故(お餅)

もう1月も終わりですね。早いものです。

インフルエンザが流行しているそうですのでご注意ください。

 

お正月が過ぎてしばらく経ちますが、

お正月にヒトの高齢者の方などがお餅を喉に詰まらせて亡くなることがある(https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20171229-00079863/)、

という話はニュースなどで聞いて御存知の方が多いのではないでしょうか?

 

このニュースを聞くたび、

なぜ餅を詰まらせると亡くなってしまうのか?というのが昔から謎だったのですが、

餅が気管という空気の通り道のところにベタッと張り付くように塞いでしまうからだそうです(呼吸が出来ず窒息死)。

確かに食道に異物が詰まったとしても、

ご飯が食べれなくなるだけですので死んでしまったりはしなさそうです。

 

お正月のおめでたい雰囲気が一転、こんな事故が起きると悲しすぎます。

 

人医の救急医の先生も

80歳以上の高齢者と、医師から嚥下機能に問題ありと言われている人は、おもちを食べないことをおすすめします。」

と仰っていますしお餅で窒息したくない人や高齢者の方は一切食べない方が良いかもしれません。

 

↑参考:救命処置の方法(ヒト用)(北広島町消防本部動画より)

 

 

さて、最近「お餅」を食べてしまい、そのお餅が喉の詰まってしまったワンちゃんが来院されました。

ワンちゃんが餅を喉(口?)に詰まらせて来院されたのははじめてです。

↑口の中にお餅がへばり付いています

 

摘まみだそうとしても嫌がって抵抗してどうしても取らせてくれないため、

早急に麻酔を掛けて無事にお餅を取り除くことができました。

 

犬にもお餅は食べさせない方がよさそうです。

お気を付け下さい。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院)

 

 

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/873
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ページのトップへ